昨年、教員免許更新講習を受講しました。さすがに問題をそのまま載せるわけには行きませんが、どんな問題が出たのか抜粋を載せておきます。失効しないようにしっかり対策をたてておきましょう。ちなみに、外国語活動の問題は「英語ができなくても大丈夫」です。

「小学校外国語活動(英語活動)概論」過去問

外国語活動のコミュニケーション能力の「素地」とはどのようなことを意味しているか。

① 文法や語彙を覚えるのではなく,英語によるコミュニケーションが楽しい,もっと英語をやりたい,という気持ちを育てること。

② 日常生活で必要な基本動詞や基本名詞を学び,それだけでも使えるようにしっかり練習すること。

③ 何よりも,まずは聞き取り能力をしっかり身に付け,英語の映画や音楽を聞いても大体の意味が分かるようになること。

④ 文法などの規則と関係なく,意味が通じれば良いという観点から,英語を使ってコミュニケーションをしてみること。

 答えは①番だと思います。まず、2と3はありえませんよね。英会話レッスンではありませんし、映画や音楽を聞いて意味がわかるなんてかなり高度すぎます。私にもわかりません。④番は、文法は関係なく意味が通じれば良いとは乱暴すぎますよね。ということで、サービス問題でしょう。

小学校の英語活動は中学校の英語にどのようにつながるか。

① 小学校では,最初はチャンク表現が多く使われるが,徐々に英語の文法も教えるので,中学校の英語とつながる。

② 小学校では発音を重視されるので,中学校の英語の発音が良くなり,英語の習得全体に好影響を与える。

③ 小学校の英語活動でも結局は文法や語彙を教えなければ使えるようにならないので,中学校で学ぶ英語の文法などとつながっていく。

④ 小学校の英語活動で,具体的な場面で何度も触れてきた表現であれば,中学校で分析的な知識として学んでも意味が理解できているので,学びやすくなる。

答えは④かな。文法とか発音とかそういうことではないはずです。

小学校外国語活動の指導体制として学習指導要領に記載されているのはどれか。

① ALT(外国人指導助手)が主体的に活動をすすめ,学級担任がそれを補佐する。

② 地域の人材が指導案などを作成し,学級担任が単独でそれを実施する。

③ 学級担任が中心となって,ALTや地域人材とチームティーチングで指導する。

④ 学級担任が中心となって,中学校の英語の先生がいつもそれを補佐する。

答えは③しかないですよね。担任をもっていればわかります。ALTは毎回来ないし、地域の人が指導案をつくるとか、中学校の先生が補佐をするとか、聞いたことも無いです。

スポンサーリンク

学習指導要領の穴埋め

2.日本と外国の言語や文化について(ア)に理解を深めることができるよう,次の事項について指導する。

(1) 外国語の音声やリズムなどに慣れ親しむとともに,日本語との違いを知り,言葉の面白さや豊かさに気付くこと。

(2) 日本と外国との生活,習慣,行事などの違いを知り(イ)があることに気付くこと。

(3) 異なる文化をもつ人々との交流等を体験し,文化等に対する理解を深めること。

(ア)は「体験的」 (イ)は「多様なものの見方や考え方」 が入ります。選択問題で、(ア)は「体系的」と「体験的」なので迷わないですよね。(イ)も、「諸外国に比べて日本の良さ」というものとの比較ですがよく考えればわかります。諸外国に「比べて」というところがそもそも教育上の視点からすればおかしいですよね。ここまでで4問。何か間違えそうな問題はありましたか?こんな感じで進めていきますが、あと1,2問取ればクリアできるのではないでしょうか。安心しましたか?

社会言語学的能力とはどのようなものか。

① 人と人とが話をするときに互いの社会的背景を考慮して接する能力。
② 社会にはさまざまな人がいるが,その一人ひとりの意図を理解する能力。
③ 人間関係によってことばの使い方が変わるので,それを理解する能力。
④ ことばは具体的な場面で使われるので,場面にあったことばが使える能力。

これはテキストを読んでいないと難しいかもしれませんね。TPOに応じて話ができると言ったらどうでしょうか。①から③はかなり限定的ですので、④の「場面にあった言葉」がいいかなと思うのですが。

小学校の英語活動で,教材を活用する時に気を付けることは何か。

① 「Hi,friends!」は教科書だから,他の教科と同じように使うことは義務である。
② 「Hi,friends!」に付随しているCDなどの音声教材をできる限り活用する。
③ 小学校の英語活動で使用できる教材は学習指導要領にすべて記載されている。
④ 小学校の英語活動では,自作の教材や既成の教材は使用するのが禁止されている。

答えは②でしょう。教科書ではなく教材なので使用義務はありません。が、使ったほうがいいですよね。かと言って他に作成したり既製のものを使用することが禁止されているわけもなく。③はもしそうだったらすごいですよね。自動的に②番でしょうか。

小学校外国語(英語)活動におけるコミュニケーション活動としてもっとも適している活動内容。

① 中学校への連携を考え,アルファベットや基本的な単語を覚えさせる。
② 歌やチャンツを歌ったり,踊ったりして,友だちと楽しむ。
③ 友だちと協力しながら,クイズをしたり,インタビューをしたりする。
④ コミュニケーションのために必要な文を暗記させる。

 外国語活動のねらいを思い起こせば①と④は消去されますね。コミュニケーションを生む活動と考えると③ではないでしょうか。前出の「Hi,friends!」でもこういう活動が各単元に必ず入っていますし。②も迷いますが、コミュニケーション的な要素は少ないような気がしますが・・・。

外国語を用いてコミュニケーションを図る楽しさを体験する指導法で不適切なものを選べ。

① 指導する側は,ジェスチャーなどの非言語のコミュニケーションの手段を工夫して指導する。

② 指導者が説明などに使う時間は極力少なくし,児童の活動を中心に進めるレッスンプランを作る。

③ ゲームを行うとき,そのゲームに慣れてきたら児童が先生の代わりをして,他の児童が行動に移すという状況を作り出す。

④ 中学での外国語教育との関係を踏まえて,児童にはできるだけ正しい表現でコミュニケーションを図るように指導する。

④番でしょう。できるだけ正しい表現を求めてはいませんよね。①~③の指導法。自分はそうなっているのかな。頑張らないとなぁ。

 以上、2013年度に受験した問題でしたがいかがでしたか?なお、解答は私の見解ですので公表されているものではありません。間違っていることもあるかもしれませんが、当然そこは自己責任でお願いします。過去問で傾向をつかみ、試験に備えるというのが基本だと思いますのでクレームはなしだと思いますが。

 ただ、問題はそんなに変なものはでないということはお分かりいただけたのではないでしょうか。1,2問迷ってもあとは自信をもって行けそうな問題ばかりでしたね。ご武運を祈ります!

スポンサーリンク

過去問で傾向をつかもう

科目名が変わったり、時代とともに内容も変わっていきます。でも、過去問から傾向をつかみ対策を立てられれば大丈夫です。動画やテキストに目を通しておけば、学校で普通に勤務している先生であれば迷うことは少ないと思います。

必修領域

選択必修領域

この中から1科目選びます。

選択領域

この中から3科目選びます。同じ講義なので、選択必修で選んだものと同じものは選べません。しかも、選択領域にしておきながら、やっぱり必修にするということもできません。